FC2ブログ

盛岡の道ばた…

道ばたの野花…写真日記

睡蓮

2008年8月12日(火) 晴れ


久しぶりに
岩手大学・植物園へ。

ここまで来ると
確実に12,000歩の路程。


北水の池に

DSC00910.jpg

睡蓮(スイレン)。

スイレンは、
エジプトが、原産地の熱帯スイレンと
19世紀にフランスで
園芸家ラトゥール・マーリヤックによって
ヨーロッパ原種を品種改良した
温帯スイレンに分かれることを
初めて知りました。

日本には、1つの自生種・温帯スイレン
ヒツジグサ(未草)が、あるようです。

この池のそれは、

DSC00916.jpg

当然、温帯。

モネの200点の「睡蓮」も
マーリヤック作の温帯スイレンなんですね。



今朝の徘徊、12, 310歩。




スポンサーサイト



  1. 2008/08/23(土) 10:43:45|
  2. 植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百合の樹

2008年5月24日(土) 曇り



ユリの木が、咲いていると
岩手日報に載っていたので
午後から岩手大学へ。


去年は、蕾だけで
開花した写真は、
逃してしまいました。

今日、もしも開いている花が、
高い枝にあって
カメラを近づけることが、
叶わないとしたら

高所作業車を
(電柱の電気工事などの時よく使っている特殊車両です)
くり出して
(私の会社にあるものですから…)
何としても撮影したいと思っていました。

正門のから入って
すぐ正面の百合の樹。

DSC08558.jpg


手が、届く処に
まさにチューリップの
形、大きさの花が、咲いていました。

派手な色合いの割に
可愛らしい花相です。

大正天皇が、皇太子の時
名付けた名前なそうです。

別名・袢纏木(ハンテンボク)
英語では、Tulip Tree、
よってチューリップの木とも。

良質な蜂蜜が、出来るようです。
北米原産のモクレン科。



岩大植物園を徘徊。
賢治のハクウンボク。

DSC08574.jpg


宮澤賢治の歌に

  あさひふる
   はくうんぼくの花に来て
    黒きすがるら
     しべをは噛むみあり

当地で白雲木は、
「賢治のハクウンボク」が、
正式名称です。
エゴノキ科。


折良く
ナンジャモンジャの木も

DSC08587.jpg


モクセイ科 和名・ヒトツバタゴ。
英名・Snow Blossom(雪の花)。



今日の徘徊、14,020歩。


  1. 2008/06/04(水) 19:24:12|
  2. 植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダビッド神父

2008年5月8日(木) 晴れ


ジャン・ピエール・アルマン・ダビッド
1826ー1900
仏人
神父・宣教師
博物学者
そして、プラント・ハンター。

明治2年(1869)、四川省で
白と黒の奇妙な毛皮を見せられ、
初めてヨーロッパにパンダを紹介した。

彼は、さまざまな動物・植物を
発見(!)している。

シフゾウ(四不像)
 ひづめはウシに、頭はウマに、角はシカに、体はロバに似ているが、
 それらのどの動物でもないという鹿?

トキ(朱鷺)、イワリス、
そして、ハンカチの木。

DSC07758.jpg


岩大植物園の
ハンカチノキです。
白いハンカチ状のものは、
葉が変形した苞(ほう・包葉)
というものなそうです。

別名・ハトノキ。


ダビッド神父が、見つけた植物
 バラ「ロサ・ダビディ」
 クリスマスローズ「ヘラボレス・チベリタヌス」

ダビッド神父の評伝があったら
読んでみたいです。


北水の池の裏で咲いていた
三槲(ミツガシワ)

DSC07734.jpg


氷期の生き残り、
高地、寒冷地の湿地の野草。

初めて見ました。
雪の結晶のような花ですね。



花梨(カリン)。

DSC07746.jpg


温室の前で咲いていました。
村娘の風情の花。


今朝の徘徊、12,000歩。


  1. 2008/05/18(日) 10:49:41|
  2. 植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pino427

Author:pino427
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード