FC2ブログ

盛岡の道ばた…

道ばたの野花…写真日記

真弓

2007年10月21日(日) 雨のち晴


滝沢駅前に通ずる赤い橋
岩姫橋までドライブ。

車中の音楽は、
5年振りの新作
ジョニ・ミッチェルの「シャイン」。

DSC03865.jpg


64歳で世界の頂点に立っている。


車を橋の袂の公園に置いて、
県大の隣、滝沢森林公園を徘徊。

DSC03872.jpg



ツリバナ(吊り花)の実。

DSC03885.jpg


ハロウィンしてる。


マユミ(真弓・檀)の実。

DSC03899.jpg


良くしなる材質のため
弓が作られたという。

まるで梅や桃の花を見るような

DSC03946.jpg


桃色。


ニシキギ(錦木)の実。

DSC03919.jpg


紅葉が、見事な木だという。
実のふぜいは、藤沢周平の景色です。


3本とも春、
その実のように派手さはないが、
可憐な小さい花をつけるらしい。

来年、是非来たい。 
今日の徘徊、14,520歩。


スポンサーサイト



  1. 2007/10/25(木) 04:50:25|
  2. 木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瑠璃雛菊

2007年10月17日(水) 晴


朝、外に出た途端
上着を取りに戻ろうかと
躊躇した。

歩き出して15分。
その事は、忘れた。

小鹿公園の散歩道から
岩手山を拝謁。

DSC03788.jpg



眠そうな

DSC03588.jpg


コンギク(紺菊)。
ノコンギクの園芸花。


緑小(ミドショウ)の花壇に

DSC03656.jpg


アゲラタム(大かっこう薊・オオカッコウアザミ)。
中南米生まれ。


南アフリカからやってきた。

DSC03690.jpg


ブルーデージー(瑠璃雛菊・ルリヒナギク)。
朝日が、まぶしそう。


メキシコ出身の元気者。

DSC03698.jpg


メランポデューム。
この花には、和名がないようです。
近まさり小菊(チカマサリコギク)では、どうでせう。


キク科の4美人。


今日の徘徊、11,540歩。


  1. 2007/10/20(土) 21:23:50|
  2. 庭花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫苑

2007年10月14日(日) 晴


東緑が丘から三ツ割・小本街道を横断、
岩清水と久保屋敷の境をなす尾根道を歩き、
愛宕山展望台~中央公民館まで。


今が盛り
ナギナタコウジュ(長刀香需)。

DSC03715.jpg


少し昔までは、
解熱・利尿・腹痛等々に
よく効く薬草として役立っていたとか。
日本のハーブですね。
中国の薬草「香需」に似ていることから
その名が付いたという。


到着!
中央公民館の庭。

DSC03737.jpg


明治の頃、隣接した敷地に
俳人・山口青邨が、住んでいたと
旧居・愛宕亭の案内板に。


彼が、子供の頃
木登りした山梨の木が、
今でも実をつけていました。

DSC03742.jpg




シオン(紫苑)。

DSC03830.jpg


紫苑には いつも風あり 遠く見て  (山口青邨)

背の高いシオン。
まったく、始終 風に揺れ
メラメラ 空を 見つめている。
イカロスの末裔。


ノコンギク(野紺菊)。

DSC03703.jpg


秋の花は、紫。


今日の歩数、18,360歩。


  1. 2007/10/19(金) 04:21:11|
  2. 野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河原撫子

2007年10月6日(土) 晴れ


午後から鉈屋町近くまで歩く。


歩き始め、緑が丘の住宅地に咲いていた

DSC03338.jpg


カワラナデシコ(河原撫子)。
1,300年前、山上憶良さんが、
好きだと! 云っていた花。



岩大の校内を縦断し、長田町の
車の入らない、家と家の間の細道をたどる。

道ばたに植えられていた
アリッサム(庭なずな)。

DSC03598.jpg


地中海生まれの園芸花。


大通りの喧騒を横切って
盛岡城に登城。

瓦御門の脇で見つけた

DSC03533.jpg


ハキダメギク(掃溜菊)。
大正時代、牧野富太郎博士の命名になる
アメリカからの帰化花。

「継子の尻拭い(ママコノシリヌグイ)」
「屁糞葛(ヘクソカズラ)」とともに
気の毒な汚名花の一つ。
ちなみに「継子の尻拭い」が、韓国では、
「嫁の尻拭い(ヨメノシリヌグイ)」云うのは、有名。


毘沙門橋の上には、
中津川を遡上して来た鮭を
見ている人で一杯でした。

DSC03613.jpg



今日の午後の歩数、10,700歩。


  1. 2007/10/08(月) 15:26:23|
  2. 庭花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜蓼

2007年10月6日(土) 晴れ


午前中、小鹿牧場へ。

途中、庭先で咲いていた
サクラタデ(桜蓼)。

DSC03301.jpg


なかなか風が、止まないので
人様の家の前で
しばらく立ちんぼ。
焦りました。



君たちは、KK団か?

DSC03431.jpg


鉢ノ皮・竹の子広場に植生された
シバザクラ(芝桜)。


犬になって走りたくなった。
牧野の斜面と姫神山。

DSC03483.jpg




花びらの形が好きです。

DSC03461.jpg


ウシハコベ(牛繁縷)。
牧場を東黒石に下って来た
大森山の法面に咲いていました。


その隣には、
如意棒に守られた三蔵法師が、

DSC03487.jpg



アキノタネツケバナ(秋の種浸け花)。


今日の歩数、14,110歩。


  1. 2007/10/08(月) 12:58:45|
  2. 野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤袴

200年10月3日(水) 晴れ


朝晩は、すずしいけれど
日中の日差しは、なかなか暑く、
つい、くるまのエアコンを
入れてしまいがちです。

仕事で訪ねた
東安庭のお茶席の和菓子屋さん
玄関先に山野草系の花を植えていました。


コムラサキ(小紫)

DSC03616.jpg


一般的にムラサキシキブ(紫式部)と
呼ばれていますが、
本当の紫式部は、山野に生える低木で
別の物なそうです。


フジバカマ(藤袴)

DSC03312.jpg


葉が3つに分かれていたので
間違いなく藤袴ですね。


マルハフジバカマ(丸葉藤袴)

DSC03622.jpg


昭和のはじめに
北アメリカからやって来た新参者。
盛岡では、あまり見かけません。


お店の奥様が、自慢の
ギンミズヒキ(銀水引)

DSC03563.jpg


ピンボケ。
わたしのカメラでは、限界でした。

持って行って育ててくださいと
云われましたが、
辞退させていただきました。
後で妻に話したら
欲しかったと…


銀水引の葉、
斑入り

DSC03627-1.jpg



ワレモコウ(吾亦紅)


DSC03634.jpg



秋の景色。


  1. 2007/10/07(日) 03:36:04|
  2. 庭花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田村草

2007年9月30日(日) 晴


緑が丘小学校の裏から黒石山を越えて
鉢の皮地区に
そして、いつもの尾根道へ。

姫神山が、クッキリ。

DSC03134.jpg



回廊の警備、背高ノッボの
タムラソウ(田村草)。

DSC02862.jpg


不勉強にも わたしは、アザミだと
思っていました。
彼らには、アザミのように
葉に棘がないという。

武器を持たない衛兵たち。


そして、リンドウ。

DSC03126.jpg


5、6株 見つけることが出来ました。

面白いことに そのうちの一つが、
薮状になったところから
無理矢理、30cmほど背伸びして
咲いておりました。

高い秋空を映したようなリンドウ・ブルー。



DSC03141.jpg


リンゴ畑の脇に咲いていた
すずやかな
コシオガマ(小塩竈)
 

今日の歩数、11,500歩。


  1. 2007/10/04(木) 22:37:19|
  2. 野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pino427

Author:pino427
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード