FC2ブログ

盛岡の道ばた…

道ばたの野花…写真日記

大地踏みしめて 生きる人

2009年1月18日(日) 晴れ


朝、テレビを点けたら
珍しく矢野顕子さんが、出ていた。

矢野さんの歌、かなり好きだ。

矢野さんのスゴイのは、
誰の曲を歌っても
全て矢野顕子の曲になってしまうこと。

時には、オリジナルより
完成度が高い曲になっている場合もある。
例えば、「雷が鳴る前に」は、
その顕著な一例だと思う。




この上原ひろみ作詞作曲の
「グリーン・ティー・ファーム」
たぶん矢野さんのために作られた歌。
でもまだCD化されていないようです



今日の徘徊、12,650歩。


スポンサーサイト



  1. 2009/01/24(土) 06:58:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不死身の人

2009年1月17日(土) 晴れ


去年の10月から86歳の父が、
胆嚢瘍で海が見える病院に
入院していました。

その病院は、100キロ離れた
私の生まれた町にあります。

父は、
首筋に点滴
脇腹には、ドレナージの管
膀胱には、小水のそれを繋がれ
手は、指のない手袋をはめ
腕は、ベッドに結わえられ
もうろうとした意識の中で
病と闘っていました。

私は、
休みの日、何回か
その病院に泊まりました。

付き添いといっても
ひげを剃ったり、
背中を掻いてあげたりするぐらいしか
出来ることは、ないのですが。

ある夜のこと
消灯の時間9時が、過ぎたので
私は、病室を出て
廊下のダウンライトの下で
本を読んでいました。
そこに看護師さんが、
通りかかり
「食堂に行ってください」と
言います。
廊下の天井は、低く
十分本が読める明るさがありますが、
食堂の天井は、高い。
しかし、だからと云って
このまま廊下にいる訳にもいかず
渋々食堂に移った。
そして、壁ぎわの薄暗いダウンライトの下で
本をかざして読みはじめた。

しばらくして急にあたりが、明るくなった。
目を上げると
食堂の真ん中の
直径2メートル程の蛍光灯カバーが、
宇宙船のように光を放っている。
しばらく茫然としてから
何気なくナースステーションを見ると
さっきの看護師さんが、
手を振って光の中に入れと
合図していた。


朝、夕方、そして夜中1時からの
一日3交代の勤務の
岩手県立宮古病院
7階消化器内科の看護師の皆さん
そしてF先生。
大変お世話になりました。
感謝この上もございません。

父は、転院した病院で
一匙の水を飲むリハビリから始め
来週の月曜日には、
お粥を摂るところまで来ました。

ありがとうございました。



  1. 2009/01/18(日) 18:23:59|
  2. 雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大甘

2009年1月12日(月) 晴れ


小鹿公園、雪の野道を歩く。
ラジオからは、トルキッシュ・ミュージック。
NHK・FM「ワールドミュージック・タイム」
なかなか、いいですねぇ。

番組の最後にオンエアされた
タクシーム・トリオ。
そのクラリネット・マン
ヒュスニュ・シェンレンディリジ、
すごい大甘で癖になりそう!




今日の徘徊、13,430歩。


  1. 2009/01/12(月) 21:52:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お土産

2009年1月3日(土) 晴れ


イ○ンの福引きで大学生の次女が、
粉石けんを当てた。
その飯ごうサイズの洗剤を見て
去年の正月の事を思い出した。

2008年1月2日、30年振り(?)で
幼なじみの実家を訪ねた。
あいにく彼は、出かけていなかったが、
ひとまわり小さくなったような
お母様が、私の名を何度もただし、
大層懐かしがられた。

私は、突然の訪問を詫び、
彼に渡したかったある雑誌を差し出した。
するとお母様は、少し待ってと奥に入り
何と飯ごうサイズの箱を
2つも抱えて戻って来た。

そして、何度も
「こんな物しかなくて」
と恐縮がった。


そういえば、
2、3年前、同僚の家に
届け物をした時、
お土産にと玉砂利2袋を
もらったことがあった。



今日の徘徊、11,170歩。


  1. 2009/01/12(月) 09:08:05|
  2. 雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pino427

Author:pino427
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード