FC2ブログ

盛岡の道ばた…

道ばたの野花…写真日記

黒岩テラス 2

4月24日(土) 曇り


盛岡の緑が丘小学校の裏山は、
黒石山(251m)。
紫波の彦部小学校の裏山も
黒石山(284m)。
どちらも小さな里山ながら
大展望テラスを備えているというので
今日は、彦部の黒石山へ行ってきました。


丸ノ内工芸の職員駐車場を過ぎると
道は、未舗装の林道となる。
その両側にカタクリが、オデムカエ。

DSC05942.jpg

この幸先の良さに
東一華や二輪草など
春の使者たちとのお目通りに
大いに期待が、膨らみました。

しかし、深閑とした山道に
花は、見あたりません。
唯一、咲いていた
姫寒菅(ヒメカンスゲ)。

DSC05921_2.jpg

カヤツリグサ科。
初夏、岩手山の頂上付近で咲いている

DSC03427_20100501055209.jpg

コタヌキランと同じスゲの仲間。
地味ながら味わい深い風情が、あります。



さてこの山、どこが頂上なのか
よくわりません。
里山とは、そんなものでしょうが。

山道の真ん中に三角点らしきものが、
あります。
(「阿部陽子の里山スケッチ」には、
ケツマズキに注意と記されいる)
しかも、藪山登山家集団のプレートも
見あたりません。


山頂らしき所を下って行くと
ありました黒岩さん。

DSC05924.jpg


小さな木の祠が、
透明なプラスチックケースの中に
置かれています。


展望テラスの上手には、

DSC05936.jpg

岩手山。

下手に

DSC05939.jpg

北上川。



帰り道、田の畦に
西洋油菜(セイヨウアブラナ)。

DSC05949.jpg

アブラナ科。
葉の基部が、茎を抱いていたので
芥子菜(カラシナ)では、ないと思います。

今日の徘徊、5,700歩。



スポンサーサイト



  1. 2010/04/29(木) 16:35:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

宮古のおごっつぉー

4月22日(木) 寒雨


所用があって
岩手県の東端の町・宮古へ
途中、区界峠は雪混じりの雨でした。


お昼は、向町の藤七屋(トウシチヤ)へ。

DSC05907.jpg

暖簾の上の看板、もう読めません。

DSC02116.jpg

下の写真は、去年の2月に撮影したもの。
「藤七屋」の文字の左には、
何と書いてあったのでしょう?

店内の壁に「中華そば」の品書きがあります。
頼むとおかみさんが、申し訳なさそうに
「やっていません」との返事。
品書き、下ろしたほうがよいのではと思うのだが…

店の内外観とも優に50年、
何一つ変わっていないのでは、ないでしょうか。

盛りが、オススメ。
宮古で一番好きな手打ち蕎麦屋です。



帰り際に宮古魚菜市場に寄りました。
今日のお土産は、

DSC05903.jpg

赤皿貝(アカザラガイ)。

安い(1キロ、300円くらい)。
ホタテを濃厚にしたような味です。
お酒、調味料無用、
ただ蒸すだけでウマシ。
食べだすと自分の血の中に
縄文人を発見します。



  1. 2010/04/28(水) 06:59:57|
  2. おごっつぉー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花の万寿山

4月11日(日) 晴れ 


私が、リスペクトしている
盛岡発信の先鋭的ハイキング・ブログに
『万寿山ミスミソウ』
という記事があったので
今日は、花巻に行ってきました。


県道13号線を南下、
台温泉の入り口からも上れるようですが、
駐車場がないようなので
花巻広域公園をめざしました。

万寿山を下ってから分かったのですが
登山口は、花巻広域公園ではなく
隣接した「平塚・花巻交流の森」でした。
かの名ブログにもそう記してあったのに
いつものごとく浅はかな思い込みだけで
行動してきた己の愚かさにガックリとしました。

しかし、終わってみると
万寿山では、ミスミソウに出会えず、
花巻広域公園の裏山で見ることが出来たといのは、
人生のように不思議であります。
時々こんな幸運があるので
私の反省のアドバルーンは、
すぐに萎んでしまうのです。


公園は、若い家族連れで
大変な賑わいでした。
シートを広げてランチを食べている
カップルもいます。
その華やいだ空気の中を
むさいオヤジが、山に向かいます。

DSC05844.jpg

ゴルフ場の裏山に続く階段。
そうとう、息がきれます。
階段を上りきった所から
野道に入りました。

まず猩々袴(ショウジョウバカマ)。

DSC05779_20100416035200.jpg


ユリ科。
ガラス細工かと見まがいます。
春野辺のコサージュ。


岩団扇(イワウチワ)。

DSC05782_20100416035216.jpg

イワウメ科。
足の踏み場がない程、咲いています。
可憐とは、彼女達のためにある言葉
としか云いようが、ありません。


そして、三角草(ミスミソウ)。

DSC05804.jpg


キンポウゲ科。
福寿草、東一華、一輪草
クレマチス、仙人草、秋明菊
キンポウゲ科は、美人だらけですね。

DSC05815_20100416035245.jpg

里山の天使。
別名・雪割草(ユキワリソウ)。
気持ちは、分かります。
しかし、本当のユキワリソウは、
高山性のサクラソウの名前のようです。


カタクリは、

DSC05822.jpg


まだ眠りの中。



半藪こぎしながら里山を

DSC05835.jpg

縦走して、やっと目指す山にたどり着きました。

DSC05836.jpg

しかし、なぜか万寿山の春は、
まだなのでした。



今日の徘徊、15,170歩 


  1. 2010/04/17(土) 06:44:39|
  2. 山の野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

黒岩テラス

4月7日(水) 曇り


地元紙・盛岡タイムスのWebで愛読している「阿部陽子の里山スケッチ」。
その第2章「大森山」(盛岡市黒石野)に
『黒岩さんと愛称で呼ばれる黒石山は、
緑が丘地区につきでた展望テラスの里山だ』というくだりがある。

「黒岩さん」251mは、2、3回上ったことがある。
しかし、「展望テラス」などと云える場所が、あったろうか?
一度、探査する必要があると思っていた。


今日は、代休日、午後から徘徊。
緑が丘小学校を左に見て直進し、
畜舎の脇を失礼し山道に入る。
少し上がると電波塔がある。
道が、左右に分かれる。
左が、山頂に続く道、
今日は、右に歩を進める。
道は、大きな岩を縫う尾根道となった。
しばらく歩くと尾根の突端に出た、
そこには、思いがけず緑が丘の町が、
一望。

DSC05764_1.jpg

正面に滝沢里山連峰。
右手には、うっすらと岩手山。
たしかに「展望テラス」だ。

こんな小さな裏山に
こんな大きな展望台があるとは、
ゆかい、ユカイ、愉快なり。

DSC05760_1.jpg

展望台の岩は、もしかしたら
岩手山より古い地層の遺構かもしれない。
今度、石コ賢さんに聞いてみよう。



その後、三ツ割の「櫃石」山(261.8m)の三角点を確認し、小鹿公園~大森山(271m)を回遊。



今日の徘徊、15,000歩。




  1. 2010/04/15(木) 04:51:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

バルバラ

3月22日(月) 祝日 曇り時々小雪


久々に喫茶店でコーヒーを飲んだ。
盛岡の肴町近く「六分儀」というお店。

DSC05686.jpg

まず、入って驚いた、
店内に流れていた音楽、
バルバラだった。

私が、20歳のころ
背伸びして つま先立って
聞いていたシャンソン、
来日コンサートを新宿厚生年金会館(?)で
聞いた記憶が、よみがえった。

日本人に真似できない、
毅然とした知性を感じる歌い方に
ジンとした。

店を出た足で
イオンのタワーレコードに行ったが、
バルバラのCDは、1枚もない。


結局、ネットで簡単に購入。

DSC05751.jpg

時代ですね。






  1. 2010/04/13(火) 20:53:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pino427

Author:pino427
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード