FC2ブログ

盛岡の道ばた…

道ばたの野花…写真日記

われは海の子

7月19日(月) 曇り


海の日に灯台まで歩こう!
というバッカス氏の発案に賛同し、
宮古・トドヶ崎灯台に行って来ました。

DSC07660.jpg

DSC07764.jpg

点灯60周年記念の
オリジナル・ポストカードを
いただきました。
(証明番号37の記載あり)



ところでバッカス氏は、
私のブログを見て
私を花に詳しい人と思っているようです。

しめしめ、やりましたね。
このブログの目論見が、見事に当たりました。
植物に造詣深く、知性豊かな自然を愛する
ジェントルマンの呟き…

と悦にいって歩き出した途端、
「この花何ですか?」
というバッカス氏の質問。

DSC07670.jpg

おっと、初めて見る花です。
さあ、何でしょう ?
動揺してピントが合いません。

「ヒメコヤプランかな」
と分かったような出鱈目で
その場をしのぎます。

帰宅して学習すると
蛇の髭(ジャノヒゲ)でせうか ?
ユリ科、ジャノヒゲ属。
花より実が、有名です。


お昼を灯台下の岩場でと下りて行くと

DSC07656.jpg

思った以上に様々な花が、咲いていました。


アカツメクサと見過ごすところでした。

DSC07665.jpg

蝦夷葱(エゾネギ)?
ユリ科、ネギ属、ハーブ名・チャイブ。



そして、この花は ?

DSC07659.jpg

ニラ ? ラッキョウ、ヤマラッキョウ、イトラッキョウ、
ニンニク、ギョウジャニンニク ?

多分、野蒜(ノビル)かな ?
ユリ科、ネギ属。




今日の徘徊、15,500歩。



スポンサーサイト



  1. 2010/07/20(火) 17:08:12|
  2. 野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

旅人よ~風にふるえる

7月18日(日) 曇り


あいにくの曇り空、
岩手山も雲の中。

DSC07631.jpg

岩手八幡平・松川温泉から
三ツ石山~大深岳~源太ケ岳を
周回してきました。



朝、松川荘、入口右手の
三ツ石山登山口から出発。

歩き出してすぐ、
カメラのバッテリー・アラームが、点滅。

道中の花は、ヨツバヒヨドリ、
モミジカラマツ、オトギリリソウ、
クルマユリ、ニッコウキスゲ…

無駄に写真を撮れません。



9時30分頃、三ツ石山荘に到着。
八幡平の茶臼岳から縦走して来た
若い男性と少し話をしました。
これから岩手山に登り、
焼走りのコマクサ大群落を見て
下山の予定と云います。
「裏岩手縦走コース」、
素人山歩きの憧れです。




三ツ石山の兜の下に
深山竜胆(ミヤマリンドウ)。

DSC07648.jpg

リンドウ科、同属。
花は、1センチ程、小さなリンドウです。
道ばたの岩の隙間に連なっていました。

DSC07651.jpg



この後、なだらかな天上の道を歩き
小畚山(こもっこやま)へ。

DSC07653_1.jpg

そして、ここでバッテリーが、終了。


小畚山から大深岳は、
一気に下って上る大返しの道、
汗が、吹き出ます。

コース最後、源太ケ岳の
山頂直下のお花畑には、
ヒナザクラが、まだ咲き残っていました。



途中の水場でお土産をいただき
松川温泉にリセット。



今日の徘徊、26,930歩。



  1. 2010/07/20(火) 03:38:17|
  2. 山の野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町の子

7月13日(火) 曇り


毎年、この場所に
この花が、咲いています。
緑が丘のレンタル屋さんの前、
歩道の縁石の隙間から、

DSC07698.jpg


ソープワート。

DSC07606.jpg

ナデシコ科、サボンソウ属。
別名・石鹸草(サボンソウ、シャボンソウ)。

サポニンが、豊富なため洗剤として
使われてきたハーブ。
独特の芳香のある強靭な花です。

明治の頃、来日、
いつしか町の野花となったようです。



今朝の徘徊、12,280歩。



  1. 2010/07/13(火) 19:16:38|
  2. 野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨にぬれても

7月11日(日) 曇り


ヤブレガサ

DSC07695.jpg

花を
写真に撮ったことがなかったので
今年こそは、と狙っていました。



7月初め、蕾みが、出て来ました。

DSC07489.jpg

花の数は、10個ほどです。



今朝、県立博物館の植物園に行ったら
ついに咲いていました。

DSC07600.jpg

ネームプレートがないので
植物園の正会員か? 不明です。


破れ傘(ヤブレガサ)。
キク科、ヤブレガサ属。

キク科だったんですね!
どうりでオケラの花にも似ています。

DSC07615_1.jpg




中国では「兎児傘」、
ウサギの子供がさす傘。

良い名前です。



今朝の徘徊、10,500歩。



  1. 2010/07/11(日) 20:44:40|
  2. 野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

野守は見ずや

7月4日(日) 晴れ


小鹿牧場の野道を朝歩くと
草露でズボンが、びしょ濡れになるので
この時季の徘徊は、もっぱら休日の昼になります。


日当たりのいい牧草地の上に
擬宝珠(ギボウシ)。

DSC07556.jpg

「ウチの庭でも咲いてますよ!」
と妻の声が、聞こえてきそうです。
でも、これは、自生のもの。

大葉擬宝殊(オオバギボウシ)でしょうか?
ギボウシは、どうも種類が多いのでお手上げです。
ユリ科ギボウシ属。



この花もあちこちで咲き出しました。
紫式部(ムラサキシキブ)。

DSC07537.jpg

クマツヅラ科ムラサキシキブ属。
これなら庭で咲いているとは、
云わせません。

庭のは、コムラサキという端正なオスマシさん。
こっちは、花付きが、不揃いながら
素朴なスッピン美人です。



同じ科とは、びっくり
蝿毒草(ハエドクソウ)。

DSC07511.jpg

クマツヅラ科ハエドクソウ属。
(ハエドクソウ科とする分類体系もある由)

花は、5、6ミリで、私のカメラは、限界です。

DSC07515.jpg

全草に毒があり、
特にその根を煮出した汁から
ハエ取り紙を作ったという。
ハエが、舐めると死んでしまうタイプの
ハエ取り紙なのでしょうか?

昔、子どもの頃
天井から吊り下がった
粘着型のハエ取り紙に
捕まったことがありました。
これは、泣けました。



杉林脇、湿った道ばたに
ハエドクソウと一緒に咲いていました。
塔花(トウバナ)かな?

DSC07566.jpg

シソ科トウバナ属。



尾根道に進むと
丘虎尾(オカトラノオ)。

DSC07500.jpg

サクラソウ科オカトラノオ属。
咲き始めたばかりです。



尾根道の西口近くで
5ミリ程の白い花を発見!

DSC07475.jpg

よく見ると花に星形の突起が、あります。
そう、蛍葛にそっくり。

帰ってからホタルカズラの
ムラサキ科を調べると
何と

紫(ムラサキ)。

ムラサキ科、同属。
絶滅危惧種に指定されいます。

1,000年前の頃から
その根を染料に
紫染めに栽培されてきたようです。
万葉のころには、「野守」という
番人もいたそうです。
しかし、明治以降、
化学染料に追われ野の花に。

この尾根道で群生するほど
増えれば、よいのですが。



今日の徘徊、14,000歩。




  1. 2010/07/06(火) 09:18:16|
  2. 野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雷が、鳴る前に

7月3日(土) 曇り


盛岡発のブログで
遠野・石上山の
三角点を擁する山頂への道が、
個人の篤心により整備されたという
情報を得て、行ってまいりました。


さすが、由緒ある山ならではの登山口。

DSC07375.jpg



道中、ギンリョウソウ等見かけるも
華やいだ花には、出会えませんでした。
唯一、鉄梯子の上りの途中で

弟切草(オトギリソウ)。

DSC07350.jpg

オトギリソウ科、同属。



DSC07356-1.jpg

虫と露のため山頂での昼寝は、断念。
梅雨のさなかにつき、
早々に撤退。

登山口に戻ったときには、
汗と草露で全身ずぶ濡れ。
遠野の町で着替えを買うことにしました。



田んぼの脇で

DSC07376_20100717123431.jpg

麝香葵(ジャコウアオイ)。
アオイ科ゼニアオイ属。



午後から雷雨の予報でしたが、
コメリに寄って、身支度を整え、
いざ、六角牛山(ろっこうしさん)へ。


DSC07474.jpg

六角牛神社。

DSC07471.jpg

立派な看板の登山口。


5合目までこれと云った花はなし。
ところが、6合目付近から
道が、一抱え程の不揃いな岩の階段になった途端、
純白のベールの花嫁が、

DSC07404.jpg

ナデシコの仲間かと思いますが、
なにせ初めて見た花でした。

DSC07466.jpg

千手岩菲(センジュガンピ)。
ナデシコ科、センノウ属。

8合目まで岩の階段の脇に延々と。



下山して来たら、
登山口に5、6人の作業員風の男達。
頂上に行って来たのかと問う。
そうだと答えると
道に色を塗った地図を見せて
草刈りを頼まれたが、この登山道だろうかと。
地図を手にすると
確かに六角牛山頂上を周回する道が、
赤く塗られていた。
せめて6合目から8合目までの間を
省くわけには、いかないのだろうか。



今日の徘徊、22,490歩。


  1. 2010/07/04(日) 15:42:52|
  2. 山の野花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

pino427

Author:pino427
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード